お葬儀の祭壇の歴史について

基礎知識

2021.08.22 お葬儀の祭壇の歴史について

altar_history

高根沢町・宇都宮市で一般葬・家族葬・一日葬・火葬式・直葬など幅広い規模のお葬式をお手伝いさせて頂いておりますセレモニー宝典です。
お葬儀に参列した際に皆様がよく見かける祭壇について、「どうして御輿(みこし)のような形をしているのだろう?」と考えたことはありませんか?葬儀の形式が時代と共に変化していくように、祭壇の形も時を経て次第に変化を遂げてきました。今回は、そのお葬儀の祭壇についてご説明させていただきたいと思います。

日本の葬儀は、かつて霊柩車の無かった時代、土葬が主流で、白木の輿(こし)に棺を入れて担ぎ、墓地まで運んで埋葬する「野辺送り」が一般的でした。戦後、高度経済成長期を迎える頃になると、土葬の文化が衰退し、火葬率が100%近くになったことに加え、都市化が進んだことで自宅や葬儀場に白木祭壇を祀る葬儀の形式が広がりました。
高根沢町では、現在の塩谷広域の公営斎場・しおや聖苑が平成7年に完成しましたが、その頃までは3割程度の方が土葬をされていたようです。

もともと野辺送りの葬列で棺を入れていた「輿」が役割を変えて壇の上部に置かれたことから、現代の祭壇の形へ変化を遂げたのです。祭壇は、昭和初期まで壇を組み立て、その上に白布などを覆ったごくシンプルな形式のものでした。

やがて、大都市における葬列が無くなり、自宅での儀礼と葬場での儀礼が一体化したことにより「葬儀・告別式」が誕生しました。それにより、立派な祭壇を飾ることが故人を弔うことだという考え方が生まれ、祭壇の大型化が図られるようになったそうです。
祭壇メーカーが様々な祭壇を開発、商品化したことも祭壇隆盛の時代を迎えた一因だそうです。

昭和初期に恐慌が起きるなど、経済的な環境が悪化したこともあり、種類も少なかった祭壇文化ですが、戦後復興となった1953年以降、本格的になりました。また、今では当たり前となった祭壇の上にある遺影写真を飾るようになったのも、昭和初期と言われています。
高度経済成長期に合わせるように、蛍光灯使用祭壇や各種飾輿(棺前飾り)が開発、使用されるようになり、1960年以降は「葬儀=祭壇」とも言うべき図式が成立するまでになりました。

現代では、葬儀形式の多様化に合わせて、様々な種類の祭壇が増えています。
日本の葬儀の代表的な白木祭壇の他、祭壇を花で囲んだ花祭壇、キャンドル祭壇、最近ですと、故人様の仕事や趣味などをイメージしてデザインしたオリジナル祭壇も増えています。

いかがでしたでしょうか。
今回は、お葬儀の祭壇の歴史についてについてご説明させていただきました。
時代の流れとともに、お葬儀の祭壇も様変わりしているのですね。

セレモニー宝典では、お葬式や仏事や法要についてアドバイスさせて頂いております。お葬式のことならセレモニー宝典へお気軽にご相談ください。今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
ご不明な点がございましたら、0120-16-4242までお問合せください。

お葬儀の祭壇の歴史について

エンディングプランナー
荒井 貴大

エンディングプランナー
荒井 貴大

「不安」を「あんしん」に変えるお手伝いをコンセプトにお手伝いをさせて頂きます

PLAN / PRICE プランと費用

CONTACT お気軽に
お問い合わせ下さい

お急ぎの方へ

0120-16-4242

お電話は、24時間365日対応しております

0120-16-4242 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち葬儀ディレクターが承ります

  • 相談員 ふじた

    ふじた
    終活カウンセラー初級
    お葬式コンシェルジュ

  • 相談員 やなぎ

    やなぎ
    エンディングプランナー

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 参列者が急に増えてしまったら…